株主通信(2016年4月期)

連結業績の概況

平成28年3月末における一般世帯のスマートフォン普及率は67.4%にまで達しており、今後も拡大していくことが予想されます。このような中、当社は引き続きスマートフォンユーザーを取り込むべく、新たな集客の仕組みづくりに努めるほか、当社の主要顧客層(20代~40代の女性)のニーズに合致した商品ラインナップの拡充に努めてまいりました。
 また前期において決定した、中核事業であるモバイルサービス事業に優先的に経営資源を集中していく方針のもと、子会社2社の株式譲渡を実施したほか、米国子会社において、のれんの減損損失772百万円を特別損失に計上いたしました。
※内閣府経済社会総合研究所「消費動向調査(平成28年3月実施調査結果)」より

■2016年4月期業績概要

科目 2015年4月期 2016年4月期 増減額
売上高 7,581 5,558 △2,023
営業利益 516 239 △277
経常利益 728 160 △568
当期純利益 242 △539 △781
総資産 10,168 8,428 △1,740
純資産 8,490 7,705 △785

■セグメント別概況

モバイルサービス

売上高 3,884 百万円 セグメント利益 768 百万円

<占い>
  • 引き続き既存キャリア公式サイトの売上高が減少したことにより、売上・利益が減少
  • ユーザーの気分や状況に合った占いメニューを提案するサブスクリプション型占いアプリ『Rint』をオープン、ライトユーザー向けアプリの企画開発に注力
  • 電話占い、チャット占いでリピーターが増加し売上増加

<ゲーム>
  • 「six doubts」新タイトル『315』をオープン
  • 女の子のための感動ファンタジー『Toysʼ Parade』の開発に取り組む
※定額料金で一定期間利用できるサービスのこと
海外事業

売上高 507 百万円 セグメント損失 12 百万円

  • 当第3四半期においてのれんの減損損失772百万円を特別損失に計上
  • 広告単価の下落により売上高が前期比で減少
  • 人件費の削減やのれんの減少によりセグメント損失が前期比で減少
その他の事業

売上高 1,168 百万円 セグメント損失 17 百万円

  • 子会社2社(株式会社ビーバイイー、株式会社caramo)の株式を譲渡した影響により、売上高及びコストが減少
  • ママ向けオンラインショッピングサイト『cuna select』と受託業務売上高が増加

トピック

■注目サービス紹介

【占い】Rint

女の子のための占いマガジン Rint
『Rint』は、まるで本や雑誌を読むような感覚で占いを楽しむことができる占いアプリです。
月定額400円(税込)で3,000以上の占いメニューが使い放題となっており、安斎勝洋、上地一美、マドモアゼル・愛など、モバイルサイトでも人気の占い師の多彩な占いメニューがこのアプリだけで一度に楽しめます。
App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう
【Rint誕生の背景】
“占いをもっと身近で楽しめる存在にしたい” ザッパラスはインターネット黎明期より様々な占い師・鑑定者とともに占いコンテンツを創り続けてきました。
そのような中、昨今では情報過多を背景に、よりシンプルでスピーディーに、使える・出会える・楽しめるコンテンツが求められていると考えており、キュレーションメディアや音楽・動 画サブスクリプションサービスの台頭、レコメンドエンジン・人工 知能(AI)の発展などが急速に進んでいます。

今回私たちはこのような時代背景や、現代女性のライフスタイルの変化を踏まえ、『Rint』という新たなサービスを創りました。
占いを気軽に好きなだけ楽しめること。
ひとりひとりにマッチしたパーソナルなコンテンツであること。
シンプルで使いやすいこと。
『Rint』ではこれらを実現するために様々な占いメニュー開発、キュレーション、そしてレコメンドエンジン開発に力を入れています。
Rint企画開発チーム

【Rint企画開発チーム】

【ゲーム】315

315
『315』は、ストーリーに特化したドラマゲームアプリシリーズ「six doubts」の第3弾です。
テレビや映画業界で活躍する豪華スタッフによる、これまでの恋愛ゲームとは一線を画す大人女子に向けたワンランク上のエンターテイメントです。
【オフィシャルサイト】 http://315.sixdoubts.pgasp.jp/
App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう
【イベント報告】
『315』リリース直後の三連休となる、3/19~21、池袋にて声優の卵たちが『315』登場キャラクターに扮してサンプリングを実施しました。
今後もターゲットユーザーへ当社サービスの魅力を伝えるべく、イベントをはじめとしたPR活動に力を入れていく予定です。

CSR活動

cocoloni small pray project
寄付額 100,600
内訳 メッセージ総数1,006件×100円
寄付先 日本赤十字社
実施日 2016年4月15日〜7月24日

この活動は、東日本大震災の2011年当時、ザッパラスが考えた「占いコンテンツ提供会社として」という想いをきっかけとして始まりました。