スタッフの成長を
後押しするのが働く喜びです

プロデューサー

T.K.さん

“新しい習慣”を生むサービスを考える日々

ザッパラスは3社目で、前職の2社とも営業をやっておりました。学生時代にデザイン会社でアルバイトをしていましたが、将来的には起業したい夢があったので初めは営業の勉強をしたほうが良いと判断し、営業を学びました。この業界は残業が多いかと思います。ザッパラスは、「企画は早く帰る努力をして外で新たな情報を取集すること」という方針があり、その働き方やビジョンに共感して、入社しました。

今は新しいビジネスを立ち上げるチームのリーダーを担当しています。新規事業では「習慣形成の追求」というビジョンを掲げ、日常生活をITで便利にすることを目指しています。実例でいえば、タクシーを携帯アプリで呼んで、乗車料金も携帯で支払うなんて習慣は、以前はありませんでしたよね。そのような新しい習慣を生むサービスを作っていきたいと思っています。

新しいミッションを与え、チームメンバーを成長させる

一番の達成感を得られる瞬間は、スタッフそれぞれの能力が会社に認知されることです。例えば、昨日までは自分の担当範囲の仕事を地道にこなしていたスタッフが新しいプロジェクトに抜擢されて、イキイキといいものを作っているのを見ると本当に嬉しいです。

以前、企画が得意なスタッフに「全体施策」のミッションをお願いしたことがありました。全サイトの売上を改善したいときに、どの数字をあげればいいかを伝えて、改善案を企画してもらいます。それは1つのサイトに有効なだけではなくて、他サイトでも応用できる改善案にしてもらう。それがうまくいけば、効果は「足し算」ではなく「掛け算」になります。指名したスタッフは1つのサイトを突き詰めるタイプだったので、最初は苦手意識を持っていたようですが、全サイトに適応できる視点を持つことの意味と面白さを理解して新たなモチベーションが生まれたようです。今ではチームのリーダーとして活躍していて、自分から全体施策を提案できています。このきっかけを足掛かりに、やる気と努力で大きく花開いたんだなと思っています。

部下が自ら「仕事を作れる」までになるように、背中を押したい

チームリーダーを任された当初は、まったく部下を育てられませんでした。「わからないことがある」ことは理解していたのですが、「わかっていても実行できないことがある」ことを認識できていなかったからです。それに気がついてからは本を読むなど、情報収集をして自分自身を変えました。スタッフからも、「雰囲気が優しくなった」と言われます。

得意なことがひとつあると、そこからの選択肢が増えますね。私はよく「二芸を持て」と伝えています。例えばコーダー出身なら、デザインも覚えたらその後の道が大きく広がると思うからです。せっかくザッパラスで働くなら、新しい何かを身につけてほしいなと思っています。
基本的なことですが、常にスタッフのキャリアプランを聞くように心がけています。月に1回、なりたい自分を聞いて、そうなるためにザッパラスではどんなことができるのか提案します。目の前の仕事だけをこなしていると、その枠でしか考えられなくなる。いつまで経ってもそれしかできない人になってしまう。だから、いつでも新しい挑戦をしてほしいと伝えています。新しい企画が来たら、私も一緒に考えて、スタッフが自分で仕事を作れるようになるところまで背中を押してあげる。モチベーション高く仕事に取り組めるように、サポートしていくことが自分の達成感にもつながっています。

T.K.さん

T.K.さん

PROFILE

プロデューサー。2010年4月入社。新規事業開発のチームリーダーを務める。自身は根っからの成長志向。チームスタッフの成長をモチベーションに変えて、ユーザーの新しい生活習慣を生むサービスをつくる。

TO TOP