自力で身に着けたSEOという
武器でサービスを支える

ディレクター

H.I.さん

未経験でもSEO対策を一任してくれた上司

新卒の就職活動ではIT系を受けていました。当時周りでiPhoneを持つ人が増え始めていたので、今後伸びていく市場だと感じていました。インターネットサービスをつくる企業をいくつか見ている中、ザッパラスの人事や事業担当者とお話しして、会社の雰囲気の良さに魅力を感じ、入社を決めました。
最初はモバイルコマースの部署でバイヤーとして、コスメやブランドショップを担当しました。当初はブランド名が読めないレベルの、まったくといっていいほど知識がないとことからのスタートでしたが、任せてもらえたという責任感と、できるようになってくる手ごたえもありましたので頑張りました。

モバイルコマースを経験した後「SEOに注力する」という方針ができたタイミングで、SEO対策を一任されました。ノウハウゼロからのスタート。ありとあらゆる方法で勉強し、知識を蓄えました。その知識を活用して、実践するという「トライ&エラー」の精神で日々悩みながら手探りで進みましたね。振り返ってみると、この仕事のおかげで、自分の武器を持つことができました。チャンスをくれた会社に感謝しています。

結果と信頼を積み重ね、のめり込んだSEO

半年間は、ひとりでSEOの業務を担当していました。経験も浅く、実績も乏しい中で、社内のエビデンスを取りながら、一つずつ数字を残していくことに苦労しましたね。正しくSEOを行えば多少なりとも結果が、数字に反映されていきます。施策と結果の紐付けを、客観的な視点から論理的に説明していく。簡単ではありませんが、根気よく普遍性をもった回答を導き出したことで、社内で少しずつ理解を得ていくことができました。今ではSEOに関して、疑問がある場合は、最初に私に相談してくれるようになりました。信頼されていると思うと、今までの苦労も無駄ではなかったと感じます。

検索結果の傾向を見るのがすごく好きです。例えば「ラーメン」と「ラーメン 渋谷」では上位に表示されるサイトが異なります。業務と離れたところでも日常的にどのようなことが原因でそのサイトが上位に表示されているのか、ついつい考えてしまいます。今では周りから「SEO大好き人間」といわれていますよ。

SEOとサイト。両方に適したコンテンツを作りたい

こんなにもSEOにのめり込めた理由は3つあります。一つ目は、やると必ず結果が出るところ。二つ目は、社内で自分にしかわからない知識を身につけていく中で成長を実感できたこと。そして三つ目は、「攻略する」といった感覚で出来たことですね。学生時代は、朝までロールプレイングゲームに熱中するほど、ゲームが好きでした。ボスキャラが出てきて、それをどうやって倒すのかを考えながら試行錯誤する。知識をつけて、経験を積み、その中で様々な可能性を模索する。その感覚とSEOで結果を残すことがとても似ていると感じています。

ザッパラスでは、受動的でなく、自ら行動して学びながら力をつけてこられました。今後は、SEOの知識を基本にして、付加価値として面白いコンテンツの企画提案もできるようになりたいです。SEO的にも、サイト的にも折り合いがついているコンテンツをつくることは複雑で簡単ではありませんが、それができるようになればまた、自分も成長できている気がします。

H.I.さん

H.I.さん

PROFILE

ディレクター。2011年4月入社。タロット、ハンドメイド、ファッション、スポーツなど、新規メディア事業の立ち上げを担当。武器はSEO。ユーザーがガラケーからスマホに移る中、ザッパラスのSEO施策を一手に引き受けた功労者。

TO TOP